%e5%8f%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7

「口内フローラって、腸内フローラと同じなの?」 近頃よく聞く「口内フローラ」ですが、口臭や歯周病の原因だけでなく、さまざまな病気を引き起こすことがわかってきました。今回は、口内フローラとは?手軽にできる口内フローラの改善方法などを紹介します。

口の中には約1000億個もの細菌が棲んでいる

口の中には約1000億個もの細菌が棲んでいて、その細菌の集まりのことを「口内フローラ」と呼びます。細菌には、腸内フローラと同じく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類の菌がいます。日和見菌は、口内フローラのバランスによって、善玉菌にも悪玉菌にも変化する菌です。

口内フローラのバランスが崩れると

口の中で「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類の菌がバランスよく存在する場合は問題ありませんが、悪玉菌が大量に発生すると、口臭や歯周病だけでなく、さまざまな病気の引き起こす原因となります。では、そのプロセスを順に追ってみましょう。

  1. 「プラーク(歯垢)」から悪玉菌が大量発生する。
  2. 口臭がきつくなる。
  3. 歯周病を起こす。
  4. 細菌が歯ぐきから血管へと侵入します。これを「歯原性菌血症」と呼びます。
  5. 心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病の悪化、骨粗しょう症、認知症リスク、関節リウマチ、がん、糖尿病など、多くの病気を誘発します。

口内フローラのバランスを保つ方法

口内フローラのバランスを保つには、悪玉菌が増えないようにします。

「口すぼめ体操」で唾液量を増やす

手軽の方法では「唾液の量」を増やすことです。唾液には歯の成分が入っていて再石灰化作用や、洗浄作用があります。唾液の量を増やすには、「口すぼめ体操」が効果的です。食事ではよく噛むことも唾液を多く出します。

  1. 口をすぼめて閉じ、上の歯の歯ぐきに舌先を軽く当てます。
  2. 口を閉じたまま、舌先で上下の歯ぐき全体をなぞるように1周~2周する。


しっかり歯みがきで悪玉菌を落とす

口内細菌は夜に繁殖しやすいので、寝る前の歯みがきを入念に行います。歯みがきの仕上げに「デンタルフロス」や「液体歯磨」を利用するとよいでしょう。食後の歯は、酸性のため傷つきやすくなっています。唾液によって口内が中性になる食後の20分後に歯みがきをするとよいでしょう。

  1. 歯ブラシで丁寧にブラッシング
  2. デンタルフロスで歯間をきれいにする
  3. 舌ブラシで舌をブラッシング
  4. 仕上げに液体歯磨で口内洗浄

口呼吸をしない

口内が乾くために悪玉菌が繁殖しやすくなります。

栄養面で気をつかう

ビタミンDとビタミンAをとります。

いかがでしたか?口内フローラを健康な状態を保つには、オーラルケアが一番。エチケット面だけでなく、健康にも良い口内フローラ環境をしっかり整えましょう。