%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

「果糖ぶどう糖液糖」や「ぶどう糖果糖液糖」という甘味料をご存じですか? 砂糖の代わりとして炭酸飲料やスポーツ飲料に使用されている原料ですが、砂糖に比べて血糖値の上昇が早いことが知られてきました。今回は、「果糖ぶどう糖液糖」と「ぶどう糖果糖液糖」についてご紹介します。

砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖の違い

果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖は、トウモロコシを原料とした異性化糖(高フルクトース・コーンシロップ)のことをいいます。砂糖との大きな違いは「糖類」の違いです。

●砂糖:果糖とぶどう糖が結合した「二糖類」
●果糖ぶどう糖液糖・ぶどう糖果糖液糖:「単糖類」である果糖とぶどう糖が、最初から存在する。

・ぶどう糖果糖液糖:果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。

・果糖ぶどう糖液糖:果糖含有率が 50% 以上 90% 未満のもの。

・高果糖液糖:果糖含有率が 90% 以上のもの。

・砂糖混合異性化液糖:上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの(その液糖がブドウ糖果糖液糖なら砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)。

※日本農林規格 (JAS)引用

果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖の危険性について

果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖は、天然由来の甘味料ではありますが、近年アメリカでは使用禁止の運動が高まっています。

血糖値を急激に上昇させる

「二糖類」である砂糖は、一旦、果糖とぶどう糖に分解されてから吸収されます。しかし、果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖は、はじめから「単糖類」であるため、あっという間に吸収され、血糖値の急上昇をまねくのです。果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖は、炭酸飲料やスポーツ飲料などに利用されています。

  • コカコーラの原材料と炭水化物(糖質)
    糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
    炭水化物:11.3g/100ml 500ミリリットルでは、砂糖50g相当。
  • ポカリスエットの原材料と炭水化物(糖質)
    砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)
    炭水化物:6.2g/100ml 500ミリリットルでは、砂糖30g相当。

ジュースなどの過剰摂取は避ける

「ノドが乾いたからスポーツ飲料をがぶ飲み」や「ジュースをちびちび飲み」というのは、日常的に続けると糖尿病の危険性が高まるので注意が必要です。