牡蠣フライ

牡蠣のおいしい季節です。生牡蠣や焼き牡蠣、牡蠣の炒めものなど、牡蠣のおいしい食べ方はいろいろありますが、忘れてはならないのが「牡蠣フライ」ですね!サクサク衣をかみしめると、ジュワ〜とひろがる牡蠣のうま味……。今回は、家庭で簡単にできる牡蠣フライの作り方を紹介します。

牡蠣の栄養

「海のミルク」と呼ばれる牡蠣は、栄養価の高い食材です。牡蠣のあま味は、エネルギー効率のよいグリコーゲンで、肝機能を高め、筋肉や脳の働きを活発にします。鉄分や銅、亜鉛など不足しがちな必須ミネラルも豊富。疲労回復に効果のあるタウリンも非常に多く含みます。

■グリコーゲン

動物の体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質。分子構造は、もっともエネルギーに変換されやすい栄養素である糖質(ブドウ糖)がたくさんつながった構造になっています。

■鉄分

血の元になります。酸素と二酸化炭素を運搬するヘモグロビンの構成成分として、赤血球や筋肉にも欠かせない成分です。貧血予防が期待できます。

■亜鉛

遺伝情報を伝える核酸(DNA・RNA)の合成と、たんぱく質の分解合成を促す重要な役割があります。皮膚や髪・爪などの発育を助ける働きがあり、美容効果がえられます。

■タウリン

血中コレステロールを抑えて動脈硬化を防ぐと共に、肝機能の強化や眼精疲労緩和に効果があるといわれます。

加熱用と生食用の違い

鮮度の違いではなく、“減菌処理”の違いです。生食用は“減菌処理”がされているためリスクが減りますが、うま味が落ちています。牡蠣フライには「加熱用」を使います。

牡蠣フライの作り方

牡蠣フライは、揚げ時間は1分程度なので、揚げたてを食べるためには、他の用意を全てを済ましてから最後に牡蠣を揚げます。

<道具>

揚げ物用鍋(てんぷら鍋・フライパンなど)

小鍋:ゆで卵用

網:揚げ物の油きり

<材料(2人前)>

■牡蠣フライ

牡蠣・・・・・・・・・・12個(好きなだけ)

小麦粉・・・・・・・・・大さじ1~2

卵・・・・・・・・・・・1個

パン粉・・・・・・・・・適量

■タルタルソース

卵・・・・・・・・・・・2個

玉ねぎ・・・・・・・・・1/8個(適量)

マヨネーズ・・・・・・・大さじ4

塩こしょう・・・・・・・適量

酢・・・・・・・・・・・小さじ2

塩(卵ゆで用)・・・・・適量

■キャベツの千切り

キャベツ・・・・・・・・適量

<作り方>

先にタルタルソースや千切りキャベツを準備します。

 ■タルタルソース

タルタル1

1.小鍋に水と塩、卵を入れて火にかけます。

ゆで卵

2.ゆで上った卵の殻をむき、つぶします。

3.「2」に刻んだ玉ねぎ、マヨネーズ、酢、塩こしょうを入れて混ぜます。味見をして調整します。

タルタル2

■牡蠣フライ

1.牡蠣を水洗いし、水気を切り、塩こしょうをします。

牡蠣水気きり

2.「1」の牡蠣に小麦粉をしっかりつけます。

牡蠣粉漬け

3.「2」にしっかり溶いた卵(液卵)につけます。

牡蠣たまご漬け

4.「3」にパン粉をつけます。

牡蠣パン粉漬け

5.180℃に熱した油で揚げます。片面を40秒、もう片面が20秒が目安です。

牡蠣揚げる

6.網にあげて余熱で火を通します。

牡蠣余熱

7.器に盛り、タルタルソースを添えます。

まとめ

揚げたての牡蠣フライは、衣がサクサク、中身はジューシーでとってもおいしいですよ。ぜひ!わが家で挑戦してみてはいかがでしょうか?