索餅

7月7日は「七夕」ですね。「おりひめとひこぼしのお話」や「願い事を書いた短冊を笹に結び付ける七夕飾り」など、楽しいイベントの七夕ですが、七夕に食べるお菓子があることをご存知ですか? 今回は、縁起の良い「七夕」のお菓子と作り方を紹介します。

七夕伝説

「七夕」は、【1月7日「人日」】・【3月3日「上巳」】・【5月5日「端午」】・【7月7日「七夕」】・【9月9日「重陽」】の五節句のひとつです。
「おりひめとひこぼしの伝説」ですが、古来の日本と中国の2つの行事が合わさったものといわれています。

■古来の日本の禊(みそぎ)で、乙女が「棚機(たなばた)」という織り機を使って神様の着物を織って供え、秋の豊作を祈る行事。
■7月7日(旧暦)に行う中国の行事で、「琴座のベガ=織女星(しょくじょせい)」にあやかり、はた織りや裁縫の上達を祈った。農業の司る星「わし座のアルタイル=牽牛星(けんぎゅうせい)」と織女星は、7月7日(旧暦)に、天の川をはさんで最も光り輝くことから七夕伝説が生まれた。

七夕のお菓子「索餅(さくべい)」

古来中国では7月7日の日に「索餅(さくべい)」という小麦粉で作った料理を食べると、“無病息災”で過ごせるといわれていました。やがて日本に「索餅」が伝来し、宮中の七夕の行事に欠かせない料理になり、庶民にも広がりました。
索餅は、麺とお菓子があります。お菓子の索餅は、麺の索餅を数センチ程度の長さに切り、より合わせたり、ねじったりしたものをごま油で揚げます。

古来の行事食「索餅(さくべい)」の作り方

今回は「索餅」に作り方を紹介します。

<材料>

小麦粉(薄力粉)・・・・・・・・・・250g

牛乳・・・・・・・・・・・・・・・50cc

卵・・・・・・・・・・・・・・・・2個

砂糖・・・・・・・・・・・・・・・40g

油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

<作り方>

小麦粉と砂糖を混ぜ合わせる

器に卵と牛乳を入れて溶き混ぜる

「1」に「2」を入れてこねる

油を入れて、さらにこねて、乾燥しないようにラップをして30分程ねかせる

「4」を三等分して、20センチぐらい引き伸ばす

「5」をねじり、両端を網状にねじり合わせる

「6」を油で揚げる

砂糖をまぶしたり、はちみつをかけていただきます。

伝統的なお菓子を食べてみる
七夕の演出に「索餅」を作ってみませんか?