十三夜

2016年の「十三夜」は、10月13日です。「十三夜」は、旧暦9月13日(新暦10月13日)のお月見のことです。月を基準にした旧暦と、現在の太陽を基準にした新暦ではズレがあります。「中秋の名月」の後なので、「後(のち)の月」と呼ばれたり、栗や豆を備えることから「栗名月」「豆名月」と呼ばれています。

「十三夜」とは?

「十五夜」の1ヶ月後にやってくる「十三夜」は、十五夜に次いで美しい月とされ、大切にされてきました。また、「十五夜」「十三夜」の片方しか見ないお月見は、「片見月」「片月見」を呼び、縁起が悪いとされています。
「十五夜」は中国から伝わったものといわれてますが、「十三夜」は日本固有の風習で収穫祭のひとつ、と考えられています。

十三夜の食べ物と飾り物

「十五夜」の縁起の良い食べ物や飾りは、下記の通りです。

  • 月見団子:団子を13個備えます。
  • 栗、豆:栗や豆を供え「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。
  • 里芋や収穫した野菜や果物
  • 秋の七草:「秋の七草」は、見て楽しみます。萩(はぎ)、桔梗(ききょう)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、尾花(おばな「すすき」)、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)

毎年変わる十三夜と十五夜

「片見月」にならないよう「十三夜」と「十五夜」の両方を記載します。

西暦 十三夜 十五夜
2015 10月25日 9月27日
2016 10月13日 9月15日
2017 11月1日 10月4日
2018 10月21日 9月24日
2019 10月11日 9月13日

十三夜に曇りなし

十五夜は、すっきりしない夜空が多いのに対して、十三夜は晴れが多いようです。古来から「十三夜に曇りなし」と呼ばれています。