五徳・バーナーキャップ

ガスコンロ(ガスレンジ)の油汚れの掃除は面倒ですね。特にガンコな油汚れやコゲが付着した「五徳」「バーナーキャップ」のお手入れが大変。今回は、油汚れ掃除に便利な「セスキ炭酸ソーダ」と、サビ防止の「潤滑剤」を使った汚れ落としとメンテナンスの方法を紹介します。

五徳とバーナーキャップの汚れは、どんな汚れ?

ガスコンロ(ガスレンジ)の五徳とバーナーキャップの“油汚れ”が大半です。酸性の“油汚れ”はアルカリ剤で中和して落とすことができます。

①五徳(ゴトク)

鍋やフライパンを支える部品。最近は、バーナーごとの小五徳が主流ですが、トッププレート全面を覆う大型五徳もあります。※写真は大型五徳です。

②バーナーキャップ/バーナーリング

火が出る所です。目づまりの汚れは、不完全燃焼や点火不良の原因となりますので、金ブラシなどでこすり、こまめなお手入れが必要です

ガンコな油汚れは、セスキ炭酸ソーダが最適

アルカリ剤には「重曹」と「セスキ炭酸ソーダ」があります。セスキ炭酸ソーダは、重曹(ごく弱いアルカリ性)よりも強い“弱アルカリ性”です。油汚れに関しては、重曹の約10倍の洗浄力があるといわれています。重曹よりも水に溶けやすく、扱いやすいアルカリ剤です。

※トッププレートが「フッ素」「アルミ素材」の場合、セスキ炭酸ソーダや重曹は使用しないでください。

 <道具>
  • セスキ炭酸ソーダ・スプレー
  • フトタワシ
  • メラミンスポンジ
  • フキン(雑巾)
  • 潤滑スプレー(CRC-556 / WD-40)
  • 金ブラシ(使い古しの歯ブラシ)
  • ラップ
  • ビニール袋
  • 古新聞など

セスキ炭酸ソーダ水・スプレーを作る

ガスコンロ(ガスレンジ)の五徳とバーナーキャップの掃除には「セスキ炭酸ソーダ・スプレー」が便利です。油汚れ用の洗剤「セスキ炭酸ソーダ水・スプレー」を作ります。
5g程度のセスキ炭酸ソーダを水(500ml)で溶かし、スプレーボトルで保管します。スプレーボトルは、ガーデニング用など、ホームセンターやDIYコーナー、100円ショップなどでも購入できます。1本あたりのコストは、5円もかかりません。

①五徳の掃除

五徳

  1. キッチンシンク内で五徳にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーします。
  2. フトタワシなどでこすり落とします。
  3. 水にぬらし絞ったフキンでふきます。

②バーナーキャップ/バーナーリングの掃除

バーナーリングは、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、水にぬらし絞ったフキンでふきます。汚れが強い場合は、スプレー後しばらく放置してソフトタワシなどでこすり落とします。

1.バーナーキャップは、金ブラシ(歯ブラシ)で汚れなどをこすり落とします。

五徳歯ブラシ

2.ビニール袋内で潤滑剤をスプレーしてからラップで包みます。

潤滑油スプレー 五徳ラップ

3.10分程置いてから、キッチンペーパーで油をふき取り。コンロにセットして空焼きします

空焼き

潤滑剤

両方とも車関係で有名な潤滑スプレー。潤滑油の用途の他に、防錆や機械洗浄に使用されます。車用品やホームセンターなどで購入できます。

■WD−40:アメリカ製、保護皮膜5ミクロン

wd-40

■CRC55-6:呉工業、保護皮膜2~2.5ミクロン

556