浴室

年末の大掃除や梅雨の季節にやっておきたい「浴室のまるごと掃除」。特に黒カビは、放っておくと大変なことに……。今回は、浴槽から風呂鏡、壁、排水口、カビ取りまで、掃除の仕方を紹介します。

浴室掃除のポイント

浴室掃除には、大きく「①浴槽の掃除」「②風呂床・壁の掃除」「③浴室鏡・水栓の掃除」「④排水口・浴槽エプロン内の掃除」「⑤風呂小物の掃除」「⑥タイル目地などのガンコなカビ」があります。

浴室の汚れとは

浴室での主な汚れは大きく「石けんカス・湯アカ・水アカ」「体の皮脂」「カビ類」「髪の毛などの体毛類」などがあります。

■石けんカス・湯アカ・水アカ

白い固まりで風呂床や壁、風呂鏡、排水口、風呂小物などに付着します。放っておくとカビの原因にも。アルカリ性の汚れのため、酸性のクエン酸が有効です。

■体の皮脂

皮脂は放っておくとカビの原因にも。風呂用洗剤で汚れを落とします。ほかにも酸性の汚れなので、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダや重曹が有効です。

■カビ類

黒カビは、体に悪影響をもたらします。浴室内でみかけるピンク色のヌメリは、空気中の酵母の繁殖です。この状態であれば、掃除や除菌作業が簡単ですし、専用の洗剤類も使用しなくても良いので低コストといえます。黒カビが出る前のお手入れが大切です。防カビには、除菌をします。

■髪の毛など

放っておくと目づまりの原因になりますので、定期的に取り除きます。

浴槽の掃除の仕方

浴槽は、お湯の交換ごとに行います。除菌剤には、塩素系のブリーチ水を使います。

<道具>

風呂用洗剤

風呂用スポンジ

除菌剤(ブリーチ水)

塩素系除菌剤の作り方

スプレーボトル(300ml)に、次亜塩酸ナトリウム(ハイター/ブリーチ)をキャップ1/8杯(約3ml)程度を入れて、水で薄めます。(1Lで10ml目安)

<掃除の仕方>

1.風呂用洗剤をスプレーし、20~30秒おいてシャワーで流します。汚れがひどい時はスポンジでこすります。

2.排水口にブリーチ水をスプレーし、2分ほどおいて水で流します。

浴槽排水口にブリーチ水

風呂床・壁の掃除の仕方

床や壁など、石けんが飛び散る場所の掃除です。

<道具>

風呂床用ブラシ

風呂用スポンジ

クエン酸水

除菌剤(ブリーチ水)

クエン酸水の作り方

クエン酸の水溶液を汚れ面にスプレーして使う方法です。水(250ml)にクエン酸を小さじ2杯を溶かし、スプレーボトルで保管します。

<掃除の仕方>

1.床・壁にクエン酸水をスプレーし、スポンジやブラシでこすります。ドア下や隙間は、水アカとほこりが混じって固まりやすくなるので注意します。

ドア下の隙間

2.シャワーの水で流します。汚れがひどい時は、スポンジや歯ブラシでこすり落とします。

水で流す

3.カビが出やすい部分にブリーチ水をスプレーし、2分ほどおいて水で流します。

※クエン酸水が残っているとブリーチ水と反応し、有毒ガスが発生します。ブリーチ水をスプレーする前に十分な水で流します。

浴槽と壁の隙間 / 壁と壁のパッキン部分

浴槽隙間

浴室鏡・水栓の掃除の仕方

掃除のポイントは「光る所が光る」です。鏡や水栓につくうろこ状の白い汚れは、湯アカ(カルシウム)や石けんカスです。放っておくと固着してしまい掃除が面倒です。

<道具>

スクイジー

風呂用スポンジ

ふきん

クエン酸水

<掃除の仕方>

1.鏡にクエン酸水をスプレー後、スポンジでこすり、シャワーで流します。

2.水で流し、鏡はスクイジーで水を切ります。水栓はふきんで乾ぶきをします。

スクイジー

※水が残ると、乾くとくもりの原因になります。

左:掃除前                右:掃除後

汚れた水栓 鏡掃除後

排水口・浴槽エプロン内の掃除の仕方

排水口・浴槽エプロン内は、汚れと湿気がたまりやすく黒カビの温床場所です。特に浴槽エプロン内は、目の届かない所なので、つい掃除をおこたると黒カビがびっしりと生えます。掃除と除菌が重要です。浴槽エプロン内の除菌には、ガーデニング用の携帯噴霧器を使用します。

<道具>

ガーデニング用小型噴霧器(手押し式)

風呂用スポンジ

使い古した歯ブラシ

風呂用洗剤

除菌剤(ブリーチ水)

<掃除の仕方>

1.浴槽エプロン(側面カバー)を外し、風呂用洗剤とスポンジで掃除をします。

エプロン外す

2.排水口を分解し、風呂用洗剤と歯ブラシで掃除をします。

目皿の掃除

3.シャワーの水でしっかり流します。

4.噴霧器にブリーチ水を入れて、エプロン内や排水口に噴霧します。

排水口ブリーチ エプロン内ブリーチ

5.10分程放置してから、水で十分に流します。

6.浴室内をしっかり乾燥させてから、浴槽エプロンや排水口を元に戻します。

風呂小物の掃除の仕方

風呂イスや洗面器など、風呂小物の主な汚れは、石けんカスや湯アカです。風呂イスの掃除を紹介します。

<道具>

使い古しのフライ返しやプリペイドカードなど、こすれるもの

ソフトタワシ

メラミンスポンジ

クエン酸水

<掃除の仕方>

1.風呂イスにクエン酸水をスプレーし、フライパン返し(プレペイドカードやテレカなど)で汚れをこすり落とします。

イスフライ返し

2.汚れの粗落しができたら、クエン酸水をスプレーし、ソフトタワシで磨きます。仕上げにメラミンスポンジで磨きます。

イスをソフト

  • 掃除前              ●掃除後

イス掃除前 イス掃除後

※イスの素材によっては、傷がつく場合があります。

タイル目地などのガンコなカビの掃除の仕方

ガンコなカビは、時間をかけて除菌をする必要があります。

<道具>

ティッシュ

ラップ

風呂用洗剤

スポンジ

ブリーチ水

<掃除の仕方>

1.カビの出た周囲を風呂用洗剤で洗い流します。

2.カビの箇所にティッシュを貼付けます。

3.ブリーチ水を散布し、ラップをかけます。

ティッシュブリーチ

4.そのまま状態で30分ぐらい放置し、水で洗い流します。